枠連馬券の正しい予想と儲ける買い方

shutterstock_332752571

枠連とは、対象の枠同士の馬券を当てることです。

帽子の色を見ていれば良いだけの簡単な馬券です。

枠連馬券の主な数値は、的中率2.78%還元率77.5%(※1)です。その中から儲かる正しい予想方法と儲かる買い方を導いていきましょう。
(※1.JRA公表発表数値)

超簡単!本記事の分かりやすい3ポイントまとめ

①枠連で儲けるための正しいタイミングが分かる
②枠連の特徴を知れる
③狙い目を◎◯▲で結論付

馬券を今すぐ買って稼ぎたい方は、まずはコチラを無料で利用ください。
無料登録で500〜1000円分の資金がもらえます。
当サイトとの併用がおすすめです。

注目すべきは平均配当の高さ

・枠連1620円
・馬連1540円

「馬連よりも枠連の方が高い配当が付いた。」競馬をやる方が一度は見た事があるのではないでしょうか。実は枠連と馬連の配当はこの僅かな差の積み重ねで年間でプラス収支を狙えるようになります。

 

期待値は馬連馬券の約1.5倍

単枠指定をのぞき、枠連の期待値は馬連馬券より高いと言われています。1頭より2頭を馬券対象に含む枠連は回収率でもプラス収支の可能性があるのです。

 

枠連を狙うタイミング

狙える枠

同枠のオッズ差が大きい枠。

スクリーンショット 2016-05-18 10.22.17

同枠内オッズ差の大きい枠は、差の少ない枠に対して連対率に差があります。

【オッズ差50倍以上と50倍未満の場合の比較】

オッズ差あり 連対率 12.2%
オッズ差なし 連対率 9.5%

スクリーンショット 2016-05-18 10.22.31

 

狙わない枠

同枠に9.9倍以下の馬が2頭以上いないこと。

スクリーンショット 2016-05-18 10.18.55

【同枠9.9倍以下が2頭以上いる場合の連対率】

連対率 10.3%

同枠に2頭以上いる場合、一見すると可能性が高く”美味しい”枠と捉えがちですが、そう思う競馬ファンが多くなるのも否定できません。これは的中の期待値としては大きいですが、的中した場合は想定よりオッズが低くなる可能性があり、結果的には配当の期待値は低くなります。

スクリーンショット 2016-05-18 10.19.09

 

結論

◎同枠オッズ差を見て購入を決める

◯同枠9.9倍以下の2頭は危険

▲配当期待値は馬連よりも高い

 

馬券で儲けたい方向け

当サイト内の全ての要素を重ね合わせて、儲ける手法やテクニックをまとめた記事も公開しています。

今すぐ馬券で儲ける手法を知りたい方は以下記事よりご確認ください。

baken



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*